通信講座か通学講座を受講して学習してください!

通信講座と通学講座

社会保険労務士に短期間で合格するとなれば、通信講座か通学講座を利用せざるを得ません。
合格するための特別な勉強法があると思った方には申し訳ないのですが、そんなものはないのです。

あえて言うとすれば、基礎知識を学び、過去問演習を何度も繰り返すしかありません。
ですが、実際に合格できる勉強をするとなると、そんな単純にはいきませんので、ノウハウを学ぶために通信講座や通学講座を利用するのが一番です。

それでは、通信講座と通学講座どちらが良いのかとなりますが、結論から言えば、勉強時間をあまり確保できない方は通信講座、時間とお金がたっぷりある方は通学講座を受講してください。

まず通信講座に関していえば、ノウハウが詰まったテキストや問題集、DVD講義が付いていて、その教材で自由に勉強できるので、忙しい方には向いています。
その上、受講料も通学講座からみれば安く、お手軽に学べると言うメリットもあります。

ちなみに私は、この通信講座で合格しました。
まったく知識のないところから2度目の挑戦で合格できたので、短期合格と言えると思います。

しかし、中には通信講座は駄目と言う人がいます。
確かに、通信講座の場合は、学校選びを間違ってしまえば、合格できる力は付きません。
例えば誰もが知っているある大手の通信講座は、講義メディアを付けずに、テキストと問題集だけで勉強させようとします。
それでは、出題範囲の広い社会保険労務士の試験に対応できるはずはないのです。

通信講座は、学校選びをしっかりと行えば、通学講座にも引けは取りません。
重要なのは、しっかりとした学校を選ぶポイントを知ることです。
そのポイントは以下の2点です。

  • DVD講義が付いていてハイビジョン撮影していること。
  • テキストがフルカラーになっていること。

簡単に説明すれば、DVD講義で講師と目線を合わせながら勉強すると、学習効果が高まり、尚且つハイビジョン撮影していることで、画面に迫力を持たせ、長時間みても飽きないようになるのです。

また、テキストに関していえば、フルカラーになっていることで記憶の効果を高める働きがあります。
ようするに良い通信講座は、短時間で知識を吸収する工夫をしているということです。

次は、通学講座ですが、時間とお金がなければ受講できないのは当然です。
受講料は20万円くらいかかり、時間も拘束されるので、普段の生活で時間の都合が付く方でなければ受講できません。
もし、通学講座を検討しているかたは、無料体験講座を受講して、実際に勉強していけそうか確認してみて下さい。
例え有名な学校でも無料講座がないところは、比較対象がなくなるので絶対にやめるべきです。

ここまでが、通信講座と通学講座についてです。

最後になりましたが、合格率が高いと言われている2つの学校を紹介したいと思います。
是非参考にして下さい。

安い受講料で、短期合格したい方!

通信講座NO1フォーサイト
ハイビジョン撮影したDVD講義は、一流の講師が受け持ち、しかも画面に臨場感があるので、長時間閲覧しても飽きません。
また、図表化されたフルカラーのテキストは、出題されるポイントを的確に絞っているので、無駄な学習をすることはなく、短期間で合格する可能性が高くなっています。
しかも広告宣伝費を使わない分、受講料がかなり安くなっています。
私はこのフォーサイトで合格しました。
公式サイトここクリック→http://www.foresight.jp/sharoushi/

通学を検討されている方!

資格の大原
大原の特徴は、受講生一人一人に対して、専任の講師が疑問点や悩みなどの相談に乗ってくれることです。さらに通学すれば生のライブ講義を聞くことが出来るので、学習効果も高まります。
講座数も多く、受講者のレベルに応じて学ぶことも出来ます。
ただし、通信を利用する場合は、テキストが白黒で、DVD講義の撮影方法が素人撮りなので、画面の迫力に欠けてしまい長時間見る映像になっていない可能性もあります。
ですが、通学する場合はその欠点を十分補えます。
公式サイトここクリック→http://www.o-hara.ac.jp/

>>現役社労士が仕事の実態を語っております。

メニュー

TOP

社会保険労務士の仕事

社会保険労務士の将来性

社会保険労務士の就職情報

独立開業について

年収アップは本人次第?

成功への条件とは?

試験概要

合格率と難易度

通信講座と通学講座


通信講座なら

フォーサイト

臨場感があって飽きないDVD講義、フルカラーで重点を絞ったテキスト。短期合格に最適な学習方法を突き詰めるなら。


>>無料資料請求はこちら<<

通学するなら

大原

ライブで授業を受けた方がヤル気が出る、きちんと毎回通うことができるなら、資格スクールも検討できます。


>>無料資料請求はこちら<<