社会保険労務士の年収は本人次第

年収アップは本人次第?

社会保険労務士の平均年収は、約600万円と言われています。
ほんの数年前までは400万円台や500万円台でしたから、仕事の需要増えていることが伺えます。

但し、600万円というのはあくまでも平均で、実際には働き方によっても大きく変わってきます。
例えば、勤務社会保険労務士なら、その会社や業界の平均的な額になりますし、開業して1年目の社会保険労務士なら、200万円にも満たない人だって多いと思います。
それとは対照的に成功している独立社会保険労務士は、2000万円や3000万円という額を貰っている人達が、たくさんいます。
ですので、社会保険労務士になれば、600万円くらいもらえるという感覚を持たないほうが良いでしょう!

それではどうすれば年収を上げることができるのでしょうか?
その答えを言ってしまえば、本人次第というしかありません。
そういってしまえば身も蓋もありませんが、それが現実です。

年収を上げるというのは、勤務社会保険労務士は別としても、顧客を集め、仕事の実績を作っていくしかありません。
そのためには、マーケティングと仕事のノウハウを身につけるしかないのです。
特に多くの社会保険労務士が苦労するのは、顧客を集めるマーケティングです。

これは社会保険労務士に限ったことではなく、どの仕事にも言えることですが、顧客を集められなければ何も始まりません。
顧客を集めて、多くの仕事をこなし、そこからノウハウを身に付け、それと同時に年収も上がっていくのです。

ですが、社会保険労務士の先生の多くは、集客するというのに無頓着で、真剣に取り組もうとしません。
ひどい方だと、社会保険労務士になれば、自然と顧客が集まってくると思い込んでいます。
それでは、年収を上げるどころか、食べていくのもままならなくなります。

社会保険労務士というのは、商売の道具にすぎず、稼げるか、稼げないかは別の話しです。
少し厳しい言い方をしましたが、これが現実だということを認識してほしいと思います。

ただ、一つだけいえることは社会保険労務士という仕事は稼ぎやすい商売だということは言えます。

次のページ >>

>>現役社労士が仕事の実態を語っております。

メニュー

TOP

社会保険労務士の仕事

社会保険労務士の将来性

社会保険労務士の就職情報

独立開業について

年収アップは本人次第?

成功への条件とは?

試験概要

合格率と難易度

通信講座と通学講座


通信講座なら

フォーサイト

臨場感があって飽きないDVD講義、フルカラーで重点を絞ったテキスト。短期合格に最適な学習方法を突き詰めるなら。


>>無料資料請求はこちら<<

通学するなら

大原

ライブで授業を受けた方がヤル気が出る、きちんと毎回通うことができるなら、資格スクールも検討できます。


>>無料資料請求はこちら<<