社会保険労務士の就職に関して

社会保険労務士の就職情報

社会保険労務士の働き方として2パターンがあります。
一つは、独立開業して自分の事務所を立ち上げる独立型の社会保険労務士。
もう一つは何処かの企業や社会保険労務士事務所に就職する勤務社会保険労務士です。
このページでは、勤務社会保険労務士について説明していきます。

勤務社会保険労務士は、会社の規模、業種関係なく、相手が求めていれば何処の会社にも就職することが出来ます。
一部上場企業や未上場の企業、金融関係や建設関係、保険関係など全てが対象となります。

但し、これは私の個人的な意見ですが、ある程度の規模の会社でないと就職は厳しいような気がします。何故なら、小さなところは社内に人材を確保するのではなく、社会保険労務士事務所に外注している場合が多いのです。
もちろんそうしたことは、社内の方針や経営者の考え方によっても変わるので、全ての会社がそうだとは言いません。
あくまでも参考程度までにして頂ければと思います。

では、仕事内容はというと一般企業の場合、総務や人事、経理に所属して、自社の労務関係の仕事を行います。
一方、社会保険労務士事務所に就職した場合は、社外の仕事を請け負うのです。
要するに自社の労務を行うか、社外の仕事を請け負うかの違いで、やっていることは変わりません。

しかしながら、勤務社会保険労務士は、実績を上げなければいけないと言うプレッシャーは重くのしかかります。
例えば、社外で外注している場合だと、極端な話し成果が出なければ契約を打ち切られてそれで終わりです。
ですが、勤務社会保険労務士だとずっと会社と付き合っていかなければいけなく、専門職として雇われているので、その期待も大きくなります。
特に中小企業の場合は、他に先任者がいない場合が多く、一から自分の力で制度を作っていかなければなりません。
やりがいがあると同時に、それだけ責任感の重い仕事だということを認識でしてください。

就職したからと言って、普通に仕事をすれば安定した給料をもらえるという軽い気持ちでできる仕事ではないのです。

次のページ >>

>>現役社労士が仕事の実態を語っております。

メニュー

TOP

社会保険労務士の仕事

社会保険労務士の将来性

社会保険労務士の就職情報

独立開業について

年収アップは本人次第?

成功への条件とは?

試験概要

合格率と難易度

通信講座と通学講座


通信講座なら

フォーサイト

臨場感があって飽きないDVD講義、フルカラーで重点を絞ったテキスト。短期合格に最適な学習方法を突き詰めるなら。


>>無料資料請求はこちら<<

通学するなら

大原

ライブで授業を受けた方がヤル気が出る、きちんと毎回通うことができるなら、資格スクールも検討できます。


>>無料資料請求はこちら<<