社会保険労務士の仕事とは?

社会保険労務士の仕事

社会保険労務士とは企業で働く「ヒト」にかかわる業務を取り扱っています。
もっとわかりやすく言えば、各企業の人事や総務と言った部署での仕事です。

一般的なイメージで強いのが、保険関係の手続き業務ではないでしょうか!
事業主は、従業員に対して、労働保険(労災・雇用)や社会保険(健康・厚生年金)に加入しなければならなく、その手続きを行わなければいけません。
その際に必要な種類を作成し、労働基準監督署、社会保険事務所等に提出するのです。
これを社会保険労務士が行うことになります。

しかし、これらの業務は数多くある中の仕事の一つで、社会保険労務士の本来の使命は、従業員が気持ちよく働けるための労働環境を整え、業績をアップさせることを目的としているのです。そのためには必要な業務を行うことになります。
例えば以下のような仕事です。

  • 就業規則の立案や作成
  • 人事教育に関する相談・指導
  • 賃金制度の相談・指導
  • 従業員の採用・雇用に関する人事制度の相談・指導
  • 労働問題のへの対応
  • それ以外の人事に関するコンサルティング業務

これは、数多くある中のほんの一部ですが、仕事内容をみてもわかるように、企業の中核をなす仕事といっても良いと思います。
例えば、人事教育と言うのは、現在どの企業も抱えている問題で、人をうまく育てられなければ、その企業の未来はありません。
そこで、社会保険労務士はどうすればその人の個性を活かし、会社に貢献できるのか指導をすると共に、常に優秀な人材が出てくるように制度を作らなければなりません。

また、賃金制度に関しては、従業員のモチベーションを上げるための大事な役割を果たしますので、会社の利益、従業員の仕事の成果などを考えて、正当に評価する仕組みも必要になります。

このように社会保険労務士の仕事は、単純なしごとではなく、常に顧客の利益を考えて、そのための最善の方法を模索しなければならないのです。

一見地味な仕事のように思えますが、実際はスペシャリストとして活躍を期待されています。

ですが、その分、常に社会の動向や法改正の情報などを取り入れ、勉強しなければいけないのも事実です。
ヒトに関する難しい仕事をするので、苦労はたくさんあると思います。
しかし、仕事の達成感や充実度は計り知れないくらい、大きいものになります。

次のページ >>

>>現役社労士が仕事の実態を語っております。

メニュー

TOP

社会保険労務士の仕事

社会保険労務士の将来性

社会保険労務士の就職情報

独立開業について

年収アップは本人次第?

成功への条件とは?

試験概要

合格率と難易度

通信講座と通学講座


通信講座なら

フォーサイト

臨場感があって飽きないDVD講義、フルカラーで重点を絞ったテキスト。短期合格に最適な学習方法を突き詰めるなら。


>>無料資料請求はこちら<<

通学するなら

大原

ライブで授業を受けた方がヤル気が出る、きちんと毎回通うことができるなら、資格スクールも検討できます。


>>無料資料請求はこちら<<